カジュアルのファッション

それぞれ「銀世界」と「冬の夜空」をイメージしています。雪の結晶パターンが施された文字板には、空に輝く星をイメージした2ポイントのスワロフスキークリスタルを12時位置に、雪の結晶をイメージした1ポイントのスワロフスキークリスタルを5時位置に配置しており、手元で美しい輝きを放ちますまた、限定モデルのみの特別仕様として、メタルバンドに加え、お客様ご自身で付け替え可能なネイビーの革バンドをセットしています。両モデルともに定期的な電池交換がいらない、ソーラーテックを搭載しています。さらに、タグホイヤー カレラ スーパーコピーラウンド型ケースのモデルは、電波受信機能※2も備えています。しかし、両者に共通項があることは意外にも知られていない。2013年は、歴史に名を残すふたつの「カレラ」が、揃って50周年を迎えている。ひとつはポルシェ「911カレラ」。1963年にプロトタイプ、901として登場。翌年、911へと改名された。初期は高性能モデルにのみカレラの名前を冠していたが、現在はどのモデルにも“カレラ”の名が刻まれる。伝説の公道レース「カレラパナメリカーナメヒコ」をネーミングのモチーフにしている。当時注目ドライバーだったロドリゲス兄弟から、過激でスリリングな自動車レースの話を聞いたジャックホイヤー(モータースポーツを愛するホイヤー家4代目)が、このレースの興奮を時計に投影させたのが「カレラ」というクロノグラフだった。このレース、実はポルシェ「911カレラ」の車名の由来になったことでも有名。なんたる偶然さて、タグホイヤー コピー「カレラ」の特徴は、視認性を高めるためにケースぎりぎりまで広げたダイヤルと、腕なじみを向上させるためにすらりと伸ばしたラグだ。いずれも当初はレースを意識したデザインだったが、現在ではエレガントなクロノグラフとして価値を高める特徴になっている。タグホイヤーではこの節目を記念して、今年のジュネーブサロンにてカレラ50周年を祝うエキシビションを開催。さらにバーゼルワールドでもカレラの新作を発表した。初代カレラを手がけたジャックホイヤー(現名誉会長)がデザイン監修を行った特別モデルもリリースされ、“カレライヤー”は盛り上がりを見せている。ポルシェも1963台限定モデル「911 50thアニバーサリーエディション」を発表している。タグホイヤーとポルシェ、ふたつの「カレラ」は共通項をもって、モータースポーツとともに50年の進化を遂げてきたことが分かるのだ。ラリーカーに搭載するダッシュボードクロノグラフの名門メーカーだったホイヤー社(当時)が、モータースポーツの世界へどっぷりと入り込んでいくのは必然だったのだろうその名は1950年代にメキシコで開催されていた過酷な公道レース『カレラ?パナメリカーナ?メヒコ』からつけられた。当時、ホイヤー社を率いていたジャック?ホイヤー(現名誉会長)は、親しくしていたロドリゲスという兄弟レーサーから、危険極まりないその公道レースの話を聞き、そのスピードとスリルに触発されてカレラと命名し、カレラのディテールを考案した特徴はふたつ。激しいドライビング中でも時計がずれないように、長めのラグを与えてフィット感を高めたこと。もうひとつは、運転中の視認性を高めるために、ケースのギリギリまでダイヤルを広げたことである。このふたつの要素は、初代モデルの登場から50年経った今でも守られ続けている。ちなみに、後者の特徴は視認性を高めるだけではなく、ベゼルを薄く見せてドレッシーな雰囲気もつくり出すカレラが誕生した1963年から現在へと至る50年間で、時計を取り巻く環境は大きく変わった。特にスポーツウォッチはケースが大型化し、タフであることを求める時代が続いた。しかしタグホイヤー スーパーコピー「カレラ」はブレなかった。その継続性こそ、名作といわれるゆえんであり、これからも高い価値となるはずだ6時位置のスモールセコンドにウィンクをするポパイの顔が描かれており、ブランド コピー 時計の秒針はポパイのトレードマークであるコーンパイプになっている。ラバーストラップは船乗りの制服の色であるブルーとホワイトを使用。文字盤では控えめな大きさだったポパイのイラストだが、裏蓋にはホウレンソウを食べてマッチョになったポパイの刻印が入っている。これまでさまざまなブランドやデザイナーらとの協力を続けてきたピープルツリー。あらたにコラボレーションしたのは、いわずと知れた世界的なデニムブランド「エヴィス」の通販ブランドコピージーパンだった今回のコラボレーションでは、ピープルツリーの生産者パートナーである「アグロセル」が支援するインドの小規模農家によって栽培され、GOTS(オーガニックテキスタイル世界基準)認証を受けた原綿を使用。生産はエヴィスの日本のデニム工場でつくられる現在も機械に頼らず種まきから収穫までがほとんど手作業でおこなわれているというコットンの栽培。農薬や化学肥料を使わず、豊かな台地でコットンを育てることで、農家と地球の“健康”が守られ、フェアトレードのプレミアム(割増金)により、小学校の設立や水道施設を充実させるなど、農家の生活向上につながる地域の発展も支援できるという。カラーはインディゴブルー、ブラックの各2色で展開される。販売は2014年の9月から。ピープルツリーの直営店や通信販売、「エヴィス」直営店などで扱われるというインドの女性たちを長時間かつ重労働な水汲みから解放し、子どもたちに学びの機会を設ける一助となるであろうエヴィスとのコラボレーションデニム。多くのひとたちに笑顔をもたらすであろう、スタイリッシュなアイテムの発売を心待ちにしたい。そんな「キャンバス ケリー」に秋の新色がお目見え。季節感のあるこっくりとしたカラーに、はやくも気分は秋冬モード。19世紀後半に馬の鞍に取り付けられたバッグからインスパイアされたというデザインは、多彩な素材バリエーションと、主張しすぎないクラシカルで上品なスタイルが世界中で愛されているなかでもデイリーユースにマッチするライトなキャンバスの素材感と、質の高いカーフレザーのコンビネーションにより、洗練された大人のカジュアルスタイルを提案する級コピー「キャンバス ケリー」は、多彩なカラー展開も魅力の人気シリーズ。先シーズンに登場したカラフルなブライトカラーにくわえ、シックな「セビーリャオレンジ」「ディープレッド」「ディープパープル」「ディープグル―」「ディープロイヤル」の5色が秋の新色として登場した。それぞれの絶妙なカラーはもちろん、カラーに合わせてカーフレザーも変えるなど、そのこだわりも見逃せない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です