自社製ムーブメントについて

こんにちは。時計が好きで勉強中です。まだまだ雑誌を読みあさり、時計屋さんに足を運ぶだけの、半端な知識しかなく、周りに詳しい方もいないので、知識豊富な回答者さまにいろいろご教授いただこうと思いますETA社が『スウォッチグループ以外には、ウチのムーブメント、使わせてやんない!』と言ったのがETA問題ですよね?

よくブルガリや、カルティエなど、宝飾ブランドが手掛ける時計は、数百万以上のモデルでないと自社ムーブじゃないから、質が良くない、との意見を耳にします。時計は時計屋さんということでしょうか。デザイン性などに惹かれているならそれはそれでいいとは思うんですがブルガリに関してはBVL168という自社ムーブを完成させたり、カルティエもcal1904mcというムーブを作り出したんですよね?

同様にタグホイヤーなど各時計ブランドも、ETAに代わる自社ムーブだったり、他メーカーのムーブを検討しているとのことETA、ETA改は今後、スウォッチグループ以外なくなってくるんでしょうか?

今まで、良質であったからETAが普及したのではないのでしょうか?増えすぎた?

あと、現在いろいろ発表されている自社ムーブは、品質的によいのでしょうか?

ETA問題、雑誌や店員さんのお話によると質問者様の解釈でokです。ですが真相はかなり違ってて、要はスイスの産業振興策と理解していただけると分かりやすいです。ETAがムーブメントを供給しないことによりどうなるか?ってことですが、まず各社が工場を新規建築することとなります。さらに各社それぞれ技術者のニーズが急増するため、スイス国内で大幅に雇用が増えます。おまけに自社ムーブをウリにすることで販売価格の大幅アップを消費者が納得してくれます。こうした方向性は約6年以上前にはもう決まっていたようですこのカラクリの真相をいち早く察知できる立場にあったメーカー、そして時代の流れとは関係なくマニュファクチュール化をはかってきたメーカーのムーブなら品質は高いと思います。日本での人気上位ベスト5のなかではROLEXとパネライの二つぐらいでしょうか。その他は現段階で見るべきものはなく、今後に期待状態。もちろん従来からの自社製造メーカーはのぞいてください例えばETAが製造を引き継いできたバルジュー7750ですが、まさに名機であると共に機械式時計界の救世主です。このムーブがあればこそ、機械式が現代まで生き残ってこれました。質問者様のおっしゃる通り、品質も恐ろしいほど高いです。ちょっとした調整や改良で全く別モノに化けるほどの基本性能の高さと基本設計の良さが凄いところらしいです。ただ数が増えてしまったことと自社ムーブを売りたいメーカーが増えたたことで、「質が良くない」というレッテル貼りが必死に行われています。質問者様の増えすぎた?というご指摘もまさにその通りです;;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です