プジョーに乗り音楽を愛する生活

今日から大型連休が始まった方も多いと思う当地は田舎なので、都会のような大渋滞とは無縁だが、それでもETC割引や定額給付金等でそこそこの賑わいを見せているさて、もうすっかり初夏の陽気であることは何度かお伝えしている通りである朝夕は確かに肌寒いけれども、日中は汗ばむくらいであるこのような季節の変化に伴い、腕時計を再び「クロスウィンド」に変更することにした一番の理由はやはり金属製のブレス(ベルト)が重宝するからである革ベルトはお洒落でなかなか良いのだが、いかんせん湿気は大敵なのだ無頓着に使い続けると、すぐにボロボロになってしまう「クロスウィンド」は「クロノマット」に対して一回り大きい重さもかなり違うまぁ、それでもズッシリと来る感じは好きだし、メカの音もほとんど聞こえないのもいいただ、唯一の難点は文字盤が複雑(盛り込み)過ぎて、秒針が読み取りにくい、合わせにくいことだろうか(苦笑)思い起こせば、この時計を買って今年で7年になろうとしている未だに一度もメンテナンスに出していないけれども、調子が悪くなったことはただの一度もないその点では、さすがブライトリングだと感心させられるまぁ、いずれにせよ、私にとってこれは特別なモノなのでとても可愛い時計であることは間違いないその後、暫くは週末毎に思い出したように使っていたけれども、そのような使い方ではなかなか体に馴染まないのである意を決して、先月辺りからメインの腕時計として使い始めたそうやって使い始めれば誠に不思議なもので、どんどん体にフィットして来るのだそれはまさにクルマの如くである革ベルトもいい感じにくたびれて来るし、時計自体もうっすらと汚れてなかなかいい勿論、コンディションもすこぶる良い「カチカチカチカチ・・・」時を刻むメカニカルな音がやや大きめだが、それは殆ど気にならないそう、私はこの感じを待っていたのだ!

今まで使っていた「クロスウィンド」は暫くお休みさせてあげよううん、やっぱりブライトリングスーパーコピー通販店はカッコイイ(笑)ただ、一つだけ不満な点があるとすれば、それは日くらい放っておけばで止まってしまうことだ。

ブライトリング DC

ブライトリングスーパーコピーのDC 3を見に福島へ行ってきました当方が最終の決心をしたのは木曜日の夕方で、その時点では土曜日の天気は期待出来たのですが、結果は大ハズレでした国内の航空祭の類いでしたらがっかりでしたが、今回は(ヨーロッパへ行かない限り)二度と見られない機体でしたのでよかったです当初計画では福島空港離発着で福島市又は会津若松市上空までの周回飛行を予定していましたが、金・土共々天候不良により飛行場近辺での周回飛行となってしまいました(金曜日の回目はタキシングのみ)青空がないので、やる気喪失。手っ取り早い撮影場所である南側の高台で、ほとんど撮りましたターミナルビルには、ターミナルの模型がありましたが、ちゃんとDC 3も駐機していました実機のDC 3の全長は約20メートルF 15も約20メートルなので、画面いっぱいに撮るなら400600ミリレンズが必要なのを調べてから行きました用途が似たような現代の機体だと空自のU 4(ガルフIV)辺りになるかと思いますが、U 4は約27メートルなので、DC 3の方が全然小さいことになります。模型にある全日空の737の実機は約40メートル。それを基準にすると模型のDC 3は、そこそこ大きいことに?ここにある模型に忠実性を求めるのが酷ってもんですがヘッダ画像は(比べれば)最良のコンディションとなってくれた金曜日の回目のデパッチャー福島ですと背景を山にすることが出来るので、国内の飛行場らしからぬ絵にすることができます。(イベント時だと)背景にご同業が写り込んでしまうが難点。発進シーケンスで写り込みのないカットもありましたが、レジが隠れてしまったので、レジが写っているこちらの画にを選んでみましたまだ、数回、国内で撮影機会が残っております。今回は青空に恵まれなかったので、リベンジをするか、しないか?